完璧なレジスタンスライン、サポートラインを引こうとしてはいけない

アイキャッチ画像ノウハウ
スポンサーリンク

完璧なレジサポラインを引こうとしてはいけない

みなさん、レジサポラインを引くときに、完璧なレジサポラインを追い求めていませんか?

完璧なレジサポラインというのは、ローソク足がそのレジサポに当たった時、
ローソク足がピッタリ反応して反転するようなラインのことです。

でも、それ絶対やっちゃいけません。

そういう完璧なラインを追い求めすぎるとかえって混乱して必ず挫折します。

例えば、次のチャートを見てください。

DINDEX - 完璧なレジスタンスライン、サポートラインを引こうとしてはいけない

これはドルインデックス15分足のチャートです。

このラインを見てもらえば分かると思いますが、ローソク足ピッタリで止まってますか?

ラインから若干抜けたりしてますよね?

でも、それでいいんです。

完璧に引こうとすると、相場の角度からずれたラインになりやすく、
全くレジサポを引くことができないですし、トレードチャンスもなくなります。

若干曖昧さを残すから良いラインになるんです。個人的に「ぼかし」のラインと言っています。

あえてぼかして引くことがコツです。

ただし、ぼかすと言っても、大雑把で適当に引けと言っているのではありませんのでご注意を!

ラインを引いたら、ちゃんと何を見るためのラインなのか自分で説明できないといけません。

自分で説明できるからこそトレードにも根拠を持ってエントリーや決済が出来るのだと思います。

この辺りのラインのぼかしのさじ加減は非常に難しいのですが、いずれしっかりブログでも
説明していければと思っております。

 

 

スポンサーリンク

ローソク足が届いていないレジサポラインはダメ

ただ、ここが重要なポイントなのですが、
ローソク足が「届いていない」レジサポラインは明らかにダメなラインです。

これだけは、はっきり言いきることが出来ます。

それは、原則として相場の角度に合ってないレジサポラインだからです。

ですから、そのラインが機能することはないでしょう。

必ず、何かしらローソクに触れさせるようなラインを引いてみてください。

 

正しく引けているレジサポラインは必ずチャートの節目(天井、底、ショルダー)
しっかり届いています。

※ここでは、ヒゲでも届いていれば一応OKとしてください。

 

届いたうえで、若干ローソクがラインから抜けているのであれば
そのラインは許容できるラインだと思って大丈夫です。

とりえあず、最初は「大体こんな感じで効いてるよな~」ぐらいで
ザックリ引くところから始めてみてください。

そして、引くだけで満足するのではなく、必ず、その後の経過を観察してみましょう。

ローソク足が当たった時にちゃんと反応しているか、
抜けるときはローソクはどのような反応を示しているのか、
ローソク足の反応を観察しないと、自分のラインを引く技術レベルが
上がっているかどうか分かりにくいです。

今日のポイントレジサポラインからローソクが少し抜けているのはOK

レジサポラインにローソクが少しでも届いていないのはNG

ぜひ覚えておいてくださいね。

以上です。

pv11099850 - 完璧なレジスタンスライン、サポートラインを引こうとしてはいけない br c 1532 1 - 完璧なレジスタンスライン、サポートラインを引こうとしてはいけない

今後とも応援よろしくお願い致します。

 

タイトルとURLをコピーしました