美しいレジサポラインを引くために必要なこと

アイキャッチ画像ノウハウ
スポンサーリンク

美しいラインとは機能するライン

私は、人が引いたラインを見るのが好きです。それぞれに個性があって
「この人のラインの引き方面白いなぁ」とか「こういう引き方いいな、試してみよう」とか
そんなことを日々考えながら他の人のチャートを見たりしています。

長い間、このレジサポトレードをやってきてつくづく思うのは、
完璧に人と同じように引くことは出来ない」ということです。

大体、近いところまでは似せて引くことはできるのですが
寸分の狂いもなくそろえるのは至難の業でしょう。

ですが、どのようなラインの描き方であっても、
美しいレジサポラインというのは必ず存在します。

「美しいレジサポライン」というのは、「機能しているライン」と言い換えて
いただいて構いません。

機能しているラインは、事前に計ったかのようにそのラインで反転したり、
そこを抜けたら一気に走り出したりします。

そして、その「機能しているライン」の引き方は、
せいぜい数種類ほどのパターンしかありません。

私はこのブログでもチャートをアップロードすることが多いのですが、
ご覧いただければお分かりのように引き方のパターンというのはある程度共通しています。

長い相場の歴史の中で、完全に同一の相場というものは存在しませんが、
チャートが似たような形になることは日々あります。
そういうときにだけラインを引けばいいのです。

自分が見たこともないようなゴチャゴチャしたチャートで強引にラインを引く必要など全く無いのです。

ですから、1種類の通貨だけを監視していると、美しいレジサポラインが引けないとなると、
私の場合かなりエントリーチャンスが少なくなってしまいます。

そういった事態にならないように、FXを中心にCFDや仮想通貨のチャートでも
美しいラインが引けないか日々チェックしているわけです。

レジサポを使いこなすには手を動かして練習する

では、一体美しいレジサポラインを引くにはどうしたら良いのでしょうか。

答えは非常に簡単です。

美しいレジサポラインを引くために必要なことは、

「とにかく、手を動かしてラインを引きまくる」ことです。

これ以外に、ありえません。

「そんな当たり前のこと言うなよ」と思われるかもしれませんがこれが真実です。

例えばですが、皆さんは、ラインを引きすぎてチャートがラインだらけになっている
経験はありませんか?

あれは、「そのラインで結局何を見たいのか」というのが自分の中で
まだ確立されていないからラインを引きすぎてしまうんです。

ラインを引けば引くほど、どれかが必ず機能しますから、
機能したらそれこそスーパートレーダーになったような気持ちになります。

しかし、それではレジサポだけで勝ち続けることはできません。

引くべきラインというのは極めて限定すべきです。

引きべきラインを限定するには、とにかくラインを引いて練習するしかありません。

 

 

スポンサーリンク

練習するほど無駄なレジサポラインを引かなくなる

始めのうちは、ラインだらけになると思います。自分の中でまだ引き方が
確立されていないから、とにかくラインを引いて引いて引きまくってチャートが汚くなると思います。

そして、結局何が一番重要なラインなのか、何を見るためのラインだったのか
分からなくなってしまう人がほとんどだと思います。でも、始めはそれで問題ありません。

ですが、レジサポラインを引けば引くほど、以下のように変化が生まれてきます。

「このラインは恐らく機能しないから引いても無駄」

とか

「このラインなら必ずここで反応するから引いておこう」

といったような感性が自然と身についてくるんです。

そして、その時にはいつの間にか、引いているラインが最初のころから
明らかに減っていることに気がつくでしょう。

そこまでくれば、あと1歩なので諦めずに頑張ってください。

美しいレジサポラインを引ければ、利確も迷いはなくなりますし、
損切りラインもかなりタイトに設定できます。

FXでは損失は絶対に避けては通れないわけですから、損失を少なくできるというのは

レジサポトレーダーの大きな武器です。

ローソクがレジサポに当たった時の反応を観察する

あと、ラインを引くときに1つだけ見ておいてほしいことがあります。

それは「ローソクがそのラインに当たった時の反応」です。

美しいレジサポはローソクが当たった時に必ず、反応します。

分かりやすいのはヒゲを付けてローソク足が止まります。

15分足でわかりにくかったら1分足にしてみると、機能しているレジサポラインなら
しっかり反応しているはずです。

全く反応していないようならそれは機能していないラインを引いている可能性が高いです。

そういうときは他に良いラインがないか検討してみましょう。

レジサポにローソク足が当たった時の反応はとても大事なので
ラインを引くだけで満足せず、是非ローソク足の反応も観察してみてください。

始めはどんな引き方でもいいので、とにかく手を動かしましょう。

手を動かして、ラインを引きまくることでしか上達の道はありません。

まさに「急がば回れ」です。

 

みなさん、ぜひ頑張ってください!

 

タイトルとURLをコピーしました