レジサポラインだけでトレードするメリット

アイキャッチ画像ノウハウ
スポンサーリンク

 レジサポラインのメリットはなにか

私がなぜ、レジスタンスとサポートラインを重視するようになったかというと、理由は3つあります。

まず1つ目は「誰が見ても分かりやすい」からです。

線を1本引けばそこで反発しているのか、抜けて、再びタッチしてから上がっていくのか、
誰でも視覚的に分かります。

この視覚的に分かりやすいというのが非常に重要です。

分かりやすいからこそ、日々のトレードに再現性が生まれ、トレード回数を重ねるごとに
信頼性のあるデータが蓄積されていくと考えております。

分かりにくい手法でトレードを繰り返し、それで運よく勝てたとしても
どうしても将来に対する「不安」はぬぐえません。

 

2つ目は「エントリーや決済判断のスピードが素早く行える」からです。

私の場合、MACDやストキャスといったいわゆるオシレーターのインジケーターを利用していると、
ローソク足の確定を何本か待ってからでないと、判断できないケースが多々ありました。

そうすると、絶好のエントリーを逃したり、利確も遅れて利益がなくなるなんてことも多々ありました。

しかし、レジスタンスとサポートラインに関しては、タッチしたときの「反応」や「ローソク足の抜け方」
エントリーや決済を判断していくのでスピード感がまるで違います。

(MACDやストキャスを否定しているわけではありません。)

「レジサポもオシレーターも併用すればいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、
これについては、今後ブログに私の考えを書いていきます。

 

そして、3つ目は「明らかに有利なトレードが出来る」からです。

この3つ目の理由こそがこのレジサポトレードの最も優れた部分だと思っています。

私はこのメリットがあるからこそ、このレジサポトレードを採用していると
言っても間違いではありません。

 

簡単に説明させていただくと、結局、上がるか下がるか、2つに1つの相場において、
レジサポ付近でエントリーするトレードに関しては

確率50%で、プロフィットファクターを飛躍的に高めることができます。

レジサポ付近のトレードだからこそこれが可能になるんです。

 

おそらく「何のこっちゃ?」と思われている方が非常に多いと思います。

この辺りは別途かなり詳しい記事を書きましたので是非ご一読下さい。

私の資金管理の根幹に関する記事です。

自分で言うのもお恥ずかしいですが、「必見」ですよ。

image3 7 - レジサポラインだけでトレードするメリット
【必読】相場の角度に逆らったトレードがなぜ危険なのか
FXは優位性に賭け続けるゲームです。相場の角度に合ったトレードは有利なトレードとなり、時間経過と共に大きな利益となりますが、相場の角度に逆らったトレードは最初から不利なトレードとなり、時間経過と共に損失が拡大し、次第に追い込まれていきます。 相場の角度に合ったトレードを心掛けるようにしましょう。

 

レジスタンスとサポートラインについては、本当に書きたいことがたくさんあるのでこれから
少しずつ更新していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました