綺麗なレジサポラインが引けないときにすべき3つのこと

アイキャッチ画像ノウハウ
スポンサーリンク

 綺麗なレジサポを引けないときはどうすればいいのか

私は主に15分足のレジスタンスとサポートラインだけでトレードしていますが、
いつでも機能するラインを引けているわけではありません。

そういう時の対処として、3つ実践しています。

 

まず1つ目は、「チャートを最大限縮小する」とです。

これはレジサポを引く前に必ずやっていることです。

これをしないと良いレジサポは見つからないと言っても過言ではありません。

そこでローソク足を全体がより見えるレベルまで最大限縮小します。

こうすることで、細かいヒゲなどに惑わされず、綺麗なレジサポを見つけやすくなります。

 

直近のローソクだけで見ていても良いレジサポラインを引けることはまず、ありません。

チャート全体を見るというイメージを持ってください。

当ブログでは色々なチャートをアップロードしていますが、
あれぐらいのレベルで縮小してラインを引いてみましょう。

私も、細かい修正はチャートを拡大してやっていきますが、
最初にラインを引くときは必ずチャートを縮小して引いています。

 

そして2つ目は、「時間足を変えてみる」ことです。

例えば、15分足で良いレジサポラインが引けなかったとき、1時間足や4時間足にしてみると
綺麗なレジサポが見つかったりすることがよくあります。

これも非常に有効な対処法です。

ちなみに、私は5分足や1分足は見ていません。

15分でみつからないなら1時間、1時間で見つからないなら4時間と、
多くても3つの時間軸で検討しています。

時間足を変えたうえで、「チャートを最大限縮小」して良いレジサポラインが
引けないかどうかを探っていきます。

 

最後3つ目は、「しばらくチャートができあがるまで待つ」ことです。

1つ目、2つ目を実践しても良いレジサポラインが引けないことは普通にあります。

そこで、チャートを眺めていて、「今は良いラインが引けそうにないな…」と思ったら、
その通貨はしばらくチャートが出来あがるまで待つことです。

強引にレジサポラインを引いてトレードすることだけは絶対にしてはいけません。

半信半疑で強引に引いたレジサポでトレードしても、うまくいくときはうまくいきますが、
それで勝っても「自信」には絶対につながらないし「再現性」もないからです。

ですので、いいラインが引けない場合は、他の通貨でラインを引きます。

現在は、CFD含めて常時30銘柄ほど監視していますが、
それだけ見ていれば分かりやすいラインは何かしら見つかるので、
「分かりやすい」ラインが引ける相場だけをトレードするように心がけています。

 

タイトルとURLをコピーしました