2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

アイキャッチ画像トレード
スポンサーリンク

今回のレジサポを使ったトレード戦略と記録

みなさん、こんにちは。

トレードタイミングを探るために、ラインを引きまくって観察しておりました。

レジサポトレードではレジサポにタッチしたときのローソクの反応を
よく観察してほしいです。

全く反応しなかったら、トレードしちゃダメです。

そのレジサポが機能しているとは言えないからです。

レジサポタッチ=即エントリーではないのでそこだけは十分に注意してください。

NZD/USD NZドル/米ドル

NZDUSD0422 1 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

NZDUSD15分足のチャートです。

以前使っていたレジサポをそのまま採用しています。

image123 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録
2021年4月19~21日 トレード戦略と記録
2021年4月19~21日のトレード戦略と結果をまとめています。画像では現在機能しているレジスタンスラインとサポートライン(レジサポライン)を引いています。ラインを抜けてレジサポ転換するのか、そのまま反発してくるのか十分ローソクを観察してトレードをしましょう。

緑ラインでワンチャンロングうてるか検討中。

入るにしても右肩下がりなので、損切りはタイトにしなければいけません。

レジサポに当たった時の反応見て決めます。

右肩下がりは、本来はショートすべき場面ですが、
どこまで伸びるか不透明なのでチャートの形ができるまで待つしかありません。

NZDUSD0422 2 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

予定の戦略に従いロングしました。

4/22 15:23

レジサポ付近の赤↑矢印でロングエントリー。

利確ラインは色々候補があるのでまだ決めてないのですが、
損切りは青ラインです。

4/22 17:48

青ラインに来てしまいましたので損切りです。(-6.9pips)
良い反応をして上がってくれたのですが仕方ないですね。

 

NZDUSD042300 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

4/23 03:01
レジサポ抜けでショート。

1分足見ながら難しい入り方しているのでこれは参考にしないでください。

4/23 03:45
建値で逃げます。

 

USD/JPY 米ドル/円

USDJPY0422 1 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

USDJPY15分足チャートです。

4/22 16:48

レジサポ付近の赤↑矢印でロングエントリー。
赤ラインで利確予定です。
そこでローソク止まるようならドテンショートするつもりです。

USDJPY0422 2 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

4/22 21:22

レジサポ付近の赤ラインで利確。(+33.7pips)
そのまま赤↓矢印でショートエントリー。
下の白ラインで利確予定。
損切ラインは赤ラインを超えてきたら。

4/23 01:52

レジサポ抜けたので損切り。(-3.1pips)

 

USDJPY0423 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

4/23 02:03

次は赤ラインの反応見てからショートです。

4/23    10:07

レジサポからヒゲ確認のロング。

 

usdjpy1728 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

4/23    17:28

ドル円現在の状況は上記画像の通り。もたつくようなら切ります。

4/23 20:13

もたつきすぎなので損切りしました。(-4.1pips)

 

 

スポンサーリンク

EUR/JPY ユーロ/円

EURJPY0422 1 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

EURJPY15分足チャートです。

4/23 00:11

レジサポ付近の赤ラインでロング検討中。
まだポジってません。
そのまま抜けてきたら
一番下のレジサポまで行く可能性あるのでやりません。
お腹すきました。
でもトレードチャンスかもしれないので外出できません。
つらいです。

4/23 09:59

レジサポ付近の赤ラインでロング。
利確は白。

 

EURJPY0423 01 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

4/23 16:21

予定通りレジサポで利確。(+41.9pips)
ドテンショートはしません。
次もう1本上の白ラインまでくるようならショートを検討します。

 

EUR/GBP ユーロ/ポンド

EURGBP0422 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

以下は、EURGBP15分足のチャートです。

前回使っていたレジサポでそのままトレードしました。

image123 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録
2021年4月19~21日 トレード戦略と記録
2021年4月19~21日のトレード戦略と結果をまとめています。画像では現在機能しているレジスタンスラインとサポートライン(レジサポライン)を引いています。ラインを抜けてレジサポ転換するのか、そのまま反発してくるのか十分ローソクを観察してトレードをしましょう。

4/22 20:00

レジサポ付近の赤↓矢印でショートエントリー。
そのまま上に抜けたので即損切り。(-7.3pips)
次は、同じポイントでレジサポ転換狙ってロング検討してます。

EURGBP0423 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

4/23 01:39

これはそのまま抜けてきたので見送りですね。

4/23 01:45

やっぱり反発反応あったので入ります。

 

EURGBP0423 1738 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

4/23 17:38

利確(+24.3pips)しました。ドテンはしません。

今週のEURGBPはこれで終わりです。

 

BTC/JPY ビットコイン/円

BTC0423 1 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

右肩上がりなのに、下をズボズボ掘り続けています。
こういうときはやらないほうがいいですね。

どうしてもやりたいならロングは短期、ショートは長期ってイメージです。

まぁ、やらないほうがいいですよ。どこまで落ちるか全く分かりません。

仮想通貨は動きが激しいですから、特に慎重になってトレードしないとやられます。
絶対に無理してトレードしようとしないでくださいね!

 

 

bgt?aid=210408043478&wid=001&eno=01&mid=s00000008903001087000&mc=1 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録0 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

GBP/AUD ポンド/豪ドル

GBPAUD - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

上の黄色枠からのショート、もしくは下の黄色枠からのロング。
どちらもありだと思います。

ただ、下からのロングは不利なトレードになるのは何度も言っている通り。

右肩下がりのときのロングは時間経過と共に不利になっていきますので、
短期決戦のつもりでトレードしていくべきです。

逆に、右肩下がりのときのショートは有利な条件でトレードできますから、
できるだけ時間が経過してくれたほうがありがたいです。

この辺りの詳しい説明に関しては以下の記事を見てください。
https://fx-wave.com/resistance-support-28/

この考え方は非常に重要なので、是非参考にしてみてください。

 

CHF/JPY スイスフラン/円

CHFJPY1 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

これは黄色枠からのショート狙いです。

この角度でのロングは絶対ダメです。角度がきつすぎますので、
かなり不利な条件でロングすることになります。

損切りになったときの損切り幅も大きくなりますし、
利確できたとしても利益は少ないです。

こういった場面でのロングはほとんどメリットはありません。
もちろんもっと角度がゆるければ、ロングもありですが
難易度は必然的に高くなってしまいます。

 

CHFJPY0423 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

4/23 19:47

前述の通り、ピンポイントで落ちています。

もちろんショートを狙っていたのですが、0.5pips白ラインに届かずタイミングを逃しました。

こういう時の立ち回りとして、ある程度落ちてしまってから「追いショート」するのは
やめたほうがいいです。

再度、上昇してきてレジサポを抜けてしまった場合、損切りが大きくなってしまうからです。

チャンスは何度でも来ますから最高のタイミングで入れるように心がけましょう。

USD/CAD 米ドル/カナダドル

USDCAD 01 - 2021年4月22~23日 トレード戦略と記録

上からのショートをイメージしています。
(赤ラインからのショートです。)

下からのロングはなかなか入れずらいですね。

なぜなら、下のローソク足がそろっていないので。

入るべきポイントが見つかりにくいというのが今の印象です。

赤ライン以外のところでのショートは現状難しいでしょう。

 

今のところはざっくりとですがこんな感じです。

 

タイトルとURLをコピーしました