仮説と検証なくして確信をもって手法を使いこなすことは出来ない

アイキャッチ画像ノウハウ
スポンサーリンク

そもそも本当に勝てない手法だったのか?

こんにちは、せかいのです。

今、世の中にはあふれるほど多くの「勝てると噂の手法」が存在していますよね。

そして、そのほとんどが、実際は「勝てない手法」として陽の目をあびることなく
廃れていきました。これは私が、FXを始めた9年前からずっと同じです。

でも、そうやって廃れていった手法は本当に「勝てない手法」だったのでしょうか?

私はそうは思いません。中には本当に優れた手法だってたくさんあったはずです。

ではなぜ、廃れていったのでしょうか。

答えは簡単です。

多くの人はその手法と本気で向き合わなかったからです。

何度も検証と仮説を繰り返して、その手法の優位性を高めることをしなかったから
継続して使っていく自信が持てなかったのです。

だから、教わった手法で少しでも勝てない場面に遭遇したら、検証と仮説を繰り返すことなく
すぐにその手法を切り捨ててしまいます。

使えないものだと決めつけて、他の手法を探し回るようになります。

これではいつまでたっても同じことを繰り返すだけで永遠に勝つことはできないでしょう。

私は、どんなに優れた手法があったとしても、そのやり方を教わっただけでは
絶対に使いこなせないと思っています。

では、手法を使いこなすには一体どのようなプロセスを歩むべきなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

自分で仮説と検証をしないと手法に自信は持てない

自分の中で「この手法は本当に使える!」と思えるようになるには、
実際に自分で何度も仮説を立てて検証し、その結果の統計をとって分析しないと
その手法が「本当に使える!」という確信を持つことは絶対に出来ません。

自分で検証する、というのが最も大事です。他人に「この手法でこれだけ検証しました、
そしてこれだけ利益になりました」といくらしつこく言われても
本当の意味で信じることはできますか?

私には信じることはできません。というか、信じてはいけないと思っています。

「色々な手法に手を出しては諦める」、というのを繰り返している方に共通しているのは、
恐らく、その手法で将来も勝ち続けることができるのかどうか、というのが
一向に見えてこないからすぐに目移りしてしまっているのではないでしょうか。

だからこそ、目先の利益に飛びつきがちになり、その手法で少し負けが重なると
その手法に疑心暗鬼となり簡単に切り捨ててしまうのです。

その手法巡りという悪循環をストップさせるには、「将来的にもその手法で戦っていける」
確信を持つ以外にないと思います。

FXで大事なのはその確信をもつための、仮説と検証なんです。

自分でしっかり仮説と検証を繰り返していけば、移動平均線のゴールデンクロスや
デッドクロスといった単純な手法でも勝つことは絶対にできるはずです。

そもそも、ゴールデンクロスやデッドクロスは、かなり相場の理にかなった
優位性の高い手法なので、シンプルではありますが、
十分それでも戦っていけるのではないでしょうか。

大切なのはその手法の精度を磨き続けることです。

手法の精度を磨くとはどういうことかというと、例えば、

○「移動平均線にローソクが腰かけるような形の時はエントリーしやすいかもしれない、検証してみよう」

○「1時間足の移動平均線の傾きを見て、下位足を見ながら同じ方向にエントリーをしたほうが勝率が良いかもしれない、検証してみよう」

○「移動平均線が傾きを変えて水平になり始めたら利確したほうが良いかもしれない、検証してみよう」

といった具合に、自分で仮説を立てては検証を繰り返していきます。

そして、実際にトレードしたらどれぐらいの利益になって、どれぐらいの損失になるのか、
全て数値化して分析する必要があります。

そうすることで、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスのような単純な手法も
どんどん磨きがかかり、非常に優位性の高い手法に昇華させることができます。

そこまでやって、初めて手法に対して自信が持てるようになります。

そして、その手法を使い続けていこうという気持ちになることができます。

なぜなら、そのやり方で検証したのは何よりも自分自身なので、
何度もトレードしていれば最終的に必ず利益になっていると
確信を持ってトレードすることが出来るからです。

私はこのレジサポの手法を、もう何年も磨きをかけ続けて、ずっと使い続けています。

そしてこの手法だけでやっていけるという確信をもっています。

だから、どんなに連敗しても気にしませんし、ルール通りにトレード回数をこなせばこなすほど
利益になっていくと分かっています。

だからこそ、これからも他の手法に目がくらむことはないでしょう。

どんなに優れたパフォーマンスが出せると噂の手法が評判になっていたとしても
全く興味を持つこともないでしょう。

また1から検証や仮説を立てて磨きをかけていくのは非常にしんどいですから。

それではまた!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました