今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

アイキャッチ画像トレード
スポンサーリンク

今週の振り返り&次週のトレード戦略

皆様、今週もお疲れさまでした。

今週ブログにあげているトレードだけだと+92.3pipsでフィニッシュです。

週末のEURAUDでなんとか大きく利益を伸ばせた感じです。

成績は4勝5敗2分でした。 

 

次週の戦略に行く前に、ブログについてのご報告が2点ございます。

まず1点目ですが、スマホユーザーの皆様が見やすいように、スマホ用に
文章の改行を全て修正したしました。

これまで改行が不自然なところがたくさんあってご迷惑おかけいたしましたが、
本日すべての記事で修正させていただきました。

次に2点目ですが、来週から、日々の「トレード戦略と記録」(トレセン)は、
不定期にしようと思います。

チャンスが無ければトレードしない日もあるので、ノルマ的に記事を
書かなくてもいいかな、と思ったのがその理由です。

ゆる~く長~く続けていきたいので、頑張りすぎずにマイペースでやっていきますね。

ブログに関するご報告は以上です。

 

さて、先ほど週末のライン調整が完了しましたので、次週の戦略を記載してまいります。

以下は、綺麗なレジサポラインを引けた通貨だけをご紹介しております。

ここにのっていない通貨は私にとってはトレードするのが難しい通貨ということです。

次週はまず、以下に記載の通貨からトレードを検討していきます。

 

EUR/GBP ユーロ/ポンド

EURGBP0501 1 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

4月26日から持っていた赤矢印でのショートですが、
長いレンジ期間を経て週末に建値で狩られました。

このEURGBPのトレードに関しては、別途記事を書きましたのでそちらも併せてご覧ください。

image3 4 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略
レジサポ決済は○○があるから利益が伸びる
FXでエントリーした後は、利確と損切りポイントだけ意識すればよく、途中でローソク足がどう動こうが関係ありません。 ローソク足を注視するから判断にミスが生じるのです。レジサポ決済では利益を伸ばせるチャンスがあるので、中途半端な位置で決済することは長期的に見て望ましいトレードとは言えません。

次週は、緑ラインでの反発を確認したうえで、1回ロングを検討したいところです。

ただし、そのまま抜けて来たら、緑ラインより1本下のレジサポまで一気に走る可能性が
あるので、ロングを入れるときは慎重になったほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

EUA/AUD ユーロ/豪ドル

EURAUD0501 01 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

EURAUDに関しては、週末で4回トレードしています。

角度を完全にとらえることができたため結構ハマったトレードが出来ました。

以下簡単にまとめます。

①でショートし、②で利確(+72.7pips)

②でそのままドテンロングし、③で利確(+33.2pips)

③でドテンショートしましたが、緑ラインまで届かず建値決済(±0)

④で最上段、赤ラインまでを狙ってロングしましたが、「×」で損切り(-6.1pips)

④に関してはレジサポ転換をイメージして入っていますが、
最上段の赤いレジサポラインに到達せずに落ちてきたため、
角度が変わった可能性もあるかなと思いその後はトレードしませんでした。

ですが、まだこの角度が機能している可能性も十分あるので、
とりあえず緑ラインでの反発反応を確認します。

最上段の赤ラインに到達しなかったという事実があるので
自分は緑ラインでのロングはしません。

AUD/USD 豪ドル/米ドル

AUDUSD0502 01 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

AUDUSDで未報告だった2回のトレードを報告いたします。

①赤矢印でロングし、「レ点」で利確(+25.2pips)

最上段レジサポ抜けた時点で「レ点」までストップを引き上げています。
トレーリングストップで利益を伸ばす予定でした。

②その次の赤矢印でもロングし、赤ライン抜けで即「×」で損切り(-2.2pips)

次週は下から2番目のレジサポで反発するかどうかですね。

しっかり反発するならこの角度はまだ有効と言えると思います。

GBP/JPY ポンド/円

GBPJPY0501 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

5/2 7:12追記

これは、かなりいい角度ですね。

赤線のような波形をイメージしています。

赤ラインでショート行きたいです。

大本命緑ラインからのショート。

角度が結構きついのでロングはやってはいけない相場です。

 

GBP/USD ポンド/米ドル

GBPUSD0502 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

右肩下がりと、右肩上がりの2本引いています。

週末に丁度クロスポイントに到達しているので、ここはロングを検討中です。

ただし、窓開けの様子は確認しないといけません。
窓を開けて、しっかりこのポイントで留まるかどうかは確認が必要です。

直近でかなりの勢いで下落しているので、単純にクロスポイントで
ロングするのは非常に危険だからです。

短期的には下落が強いのですから、このまま下に抜けてくる可能性は
しっかり考慮すべきです。

1回、しっかり反転し陽線を何本かつけたのち、
その押し目でロングで入るイメージが良いでしょう。

 

bgt?aid=210408043478&wid=001&eno=01&mid=s00000008903001087000&mc=1 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略0 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

NZD/JPY NZドル/円

NZDJPY0502 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

NZDJPYは非常にシンプルなラインです。

今は、赤線のような軌道をイメージしていて、一番下のレジサポで反発反応があるようなら
そこでロングするかもしれません。

あくまでこの軌道で動いたときのみです。
途中で中途半端な位置で止まったりしたら、もうロングのシナリオはありません。

 

USD/CHF 米ドル/スイスフラン

USDCHF0502 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

かなりいい角度だと思っています。

来週、一番やりやすそうです。

この軌道通りに動くなら赤ラインでロングしたいと思っています。

利確は一番上のレジサポです。

 

GBP/AUD ポンド/豪ドル

GBPAUD0501 - 今週の振り返り&次週(2021年5月3日~)のトレード戦略

これは4時間足です。

右肩下がりと右肩上がり両方の角度が効いていて、トライアングル状態です。

緑ラインでのロング、赤ラインでのショートを検討しています。

どちらかというと緑ラインでのロングのほうがしたいです。

これは、4時間足でみているので、このままトレードするなら損切りラインも
そこそこ大きくなるはずです。

ですから、ロットはいつもよりも減らさなければいけません。

 

以上です。

来週はまず、GBPJPYショートとUSDCHFロングから攻めていきたいと思っています。
(次点でGBPUSDロングとEURGBPとNZDJPY)

来週も相場で生き残れるように頑張りましょう。
たった1回の判断ミスで全てを失うことがあることを忘れずに。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました