私のトレード思考を開示します part2

アイキャッチ画像ノウハウ
スポンサーリンク

前回に引き続き実際のトレードを解説します

こんにちは、せかいのです。

今回も、前回から引き続きUSD/CAD(米ドル/カナダドル)のトレード解説を
していきたい
と思います。

前回のpart1の記事を読まれていない方は、まずはそちらからご一読いただけると
本記事の内容も頭に入って来やすいと思います。

image0708 1 - 私のトレード思考を開示します part2
私のトレード思考を開示します part1
今回は私のトレード思考を開示いたします。基本的なトレードは本記事の考え方がベースになっています。 記事を見て分かるように、私がやっていることは全く難しいことではないことがお分かり頂けるかと思います。 このような単純な方法でも十分に相場で戦っていけるのです。

以下は全体のトレード(1時間足)です。

今回は③から解説していきます。
※前回記事で④のトレードを書き忘れていたので追記いたしました。

USDCAD0709 1024x426 - 私のトレード思考を開示します part2

これは、今週の現時点(7/9  AM9時点)で私が行ったUSDCADの
トレード結果になります。

これらのポジションの取り方や、決済方法について1つずつ解説していきます。

 

ポジション③のショート

USDCAD0709 01 1024x326 - 私のトレード思考を開示します part2

エントリーについて

②のロングを利確したあと、何度か青のラインでローソクが反発したため、
上に抜けられないと判断して、
陰線確定でショートしました。

当然、そのまま青のライン(レジスタンスライン)を上抜けて、
実体で確定してしまったら損切りするつもりでした。

利確について

さて、次に利確位置について説明します。

今回の利確位置は非常に悩みました。

なぜなら、左側に目立った節目が一切なく、スッカスカの状態だったので、
利確ラインを引くことが出来なかったからです。

こういう時は、まず、目立った節目が出来るまで、ポジションを持ちます。

そして、目立った節目が出来たらそこにレジスタンスラインを引きます。

今回、相場が下落していくにつれて、1回黒丸の位置で下げ止まり、
そこから若干の「戻し」が発生し、再度、オレンジのラインを抜けて 下落していく、という流れでした。

ですので、黒丸オレンジのラインを当てて、このラインを超えるまで ポジションを持つことにしました。

この考え方は、
「レジサポをローソク実体で抜けたら、次のレジサポに向かう確率が高くなる」
という私の経験則を元にしています。

この方法は、大きなトレンドが発生した時には特に効力を発揮します。
トレンド相場では利益を最大化しやすいのでぜひ検証してみてください。

結果的に、利益は減ってしまいましたが、
その後、相場が大きく上げていったのを見ると
利確位置としては
悪くなかったと思います。

 

スポンサーリンク

ポジション④のショート

USDCAD0709 2 1024x385 - 私のトレード思考を開示します part2

エントリーについて

これは黒丸のように赤のラインがレジスタンスラインとサポートラインとして
非常に機能していたので、ぜひショートを入れたいポイントでした。

陽線確定後、陰線をつけ始めた時にショートで入りました。

損切りについて

ショートエントリー後、次の足で陽線でつけて勢いよく上がってきたので、
高値更新後、即損切りしています。

ちなみに、こういうときは陽線実体確定まで待たずにさっさと切ります。
直近の流れが上昇なので、そのまま勢いよく上がっていく可能性も高いからです。

陽線確定まで待ってしまうと損切りが遅れ、
大きな損失を出してしまうことになるので即切ることにしています。

ちなみにですが、損切りした直後にドテンでロングしたりするようなことは
絶対にしません。

それをするなら最初からロング狙いでショートはしないです。

「損切り後のドテン」をやりだすと大きく負ける要因になるので
負けたら仕方ないと諦めます。

そして、冷静になるためにも1度損切りしたら必ず時間を空けます。

これについては、以下の記事も併せてお読みいただけると理解が深まると思います。

748baf350221a6d8bf53203cedc85066 - 私のトレード思考を開示します part2
大負けしている人に共通しているトレードの改善方法
FXで負けるは絶対に避けることができません。勝率100%を謳う手法はすべてフェイクです。FXでは9割の人が負けると言われていますが、上手な負け方をすればしっかり利益を残せるトレーダーになれます。負けは絶対に避けられないのですから、上手な負け方を覚えましょう。

 

bgt?aid=210408043478&wid=001&eno=01&mid=s00000008903001087000&mc=1 - 私のトレード思考を開示します part20 - 私のトレード思考を開示します part2

ポジション⑤のショート

USDCAD0709 3 1024x327 - 私のトレード思考を開示します part2

エントリーについて

左側のチャートの黒丸で引いているレジスタンスラインが
何度もローソクを跳ね返していたので、このレジスタンスラインは固いと思い、
ショートしました。

レジスタンスラインにタッチして、すぐにエントリーしなかったのは、
直近の流れが、非常に強い上昇だったからです。

こういうときは、勢いが弱まったのを確認してから入るほうが安全です。

上ヒゲ陰線などが出てくれると非常に入りやすいです。

利確について

さて、次に利確位置について説明します。

このショートは元々、赤のラインまで持つ予定でした。

しかし、直近で出来た青のサポートラインで何度も反発反応を見せていたのと、
全体的な流れが強い上昇だったので早々に決済しました。

結果的に赤のラインまで落ちてしまったので、利確することはできましたが、
正直残念なトレードだったと思います。

 

今回は以上です。⑥以降のポジションについては次回に書きます。

それではまた。

今後とも応援よろしくお願い致します。

pv11099850 - 私のトレード思考を開示します part2 br c 1532 1 - 私のトレード思考を開示します part2

タイトルとURLをコピーしました