私のトレード思考を開示します part3

アイキャッチ画像ノウハウ
スポンサーリンク

前回に引き続き実際のトレードを解説します

こんにちは、せかいのです。

今回も、前回から引き続きUSD/CAD(米ドル/カナダドル)のトレード解説を
していきたい
と思います。

前回のpart1とpart2の記事を読まれていない方は、まずはそちらから
ご一読いただけると
本記事の内容も頭に入って来やすいと思います。

image0708 1 - 私のトレード思考を開示します part3
私のトレード思考を開示します part1
今回は私のトレード思考を開示いたします。基本的なトレードは本記事の考え方がベースになっています。 記事を見て分かるように、私がやっていることは全く難しいことではないことがお分かり頂けるかと思います。 このような単純な方法でも十分に相場で戦っていけるのです。
image0709 - 私のトレード思考を開示します part3
私のトレード思考を開示します part2
今回は私のトレード思考を開示いたします。基本的なトレードは本記事の考え方がベースになっています。 記事を見て分かるように、私がやっていることは全く難しいことではないことがお分かり頂けるかと思います。 このような単純な方法でも十分に相場で戦っていけるのです。

 

以下は全体のトレード(1時間足)です。

USDCAD0710 1024x408 - 私のトレード思考を開示します part3

今回は⑥と⑦の解説をしていきます。

ポジション⑥のショート

USDCAD0710 1 1024x398 - 私のトレード思考を開示します part3

エントリーについて

直近の高値に赤のラインをおいて、赤のラインに到達したとき、
反発反応があったため、上に抜けられないと判断して、
陰線確定でショートしました。

損切りについて

若干下落はしたものの、押し目になって再度上昇し、
そのまま赤のラインを突き抜けてしまいました。

全体の流れが、上昇ということもあり、赤のラインを超えて
陽線実体確定で損切りです。

正直、このトレードはあまりよくありませんでした。

この赤のラインをレジサポラインとして採用するためには、
あと何回か反発したのを確認してから引くべきでした。

 

bgt?aid=210408043478&wid=001&eno=01&mid=s00000008903001087000&mc=1 - 私のトレード思考を開示します part30 - 私のトレード思考を開示します part3

ポジション⑦のショート

USDCAD0710 2 1024x396 - 私のトレード思考を開示します part3

エントリーについて

これはチャートの左の黒丸が目立った節目になっていたので
そのポイントからレジスタンスラインを引いていました。

レジスタンスラインにタッチして、陰線をつけ始めた時に
ショートで入りました。

この陰線付け始めというのが大事です。

レジスタンスラインにタッチしたからといって、
即座に何でもかんでもエントリーするわけではないということを
ここで申し添えておきます。

利確について

エントリー後、しっかり下がって一時は40pipsほど利益が乗りました。

ただし、⑦のエントリーは高値からのエントリーです。

それまでの相場の流れがずっと高値を更新して上げてきている場合、
基本的にはもう一度高値の更新にチャレンジしてくると考えるべきです。

もちろん、高値更新にチャレンジせずにそのまま大きく下落していくことも
普通にあります。

ですが、経験上、もう一度高値更新を目指しにくるケースの方が圧倒的に多いです。

大きな下落を狙うのであれば、高値更新の失敗を確認したあとに狙うべきです。

ですので、今回、陽線が出たときに、早々に利確しました。

 

トレード解説については以上です。

今回の一連の3つの記事は私のトレードのベースになっているものですので、
是非参考にしてみてください。

今後とも応援よろしくお願い致します。

pv11099850 - 私のトレード思考を開示します part3 br c 1532 1 - 私のトレード思考を開示します part3

 

タイトルとURLをコピーしました