リスクリワードを意識したトレードが出来ていますか

アイキャッチ画像ノウハウ
スポンサーリンク
今回は、リスク(損失)とリワード(利益)の話をします。
 
トレードをする前に、自分がこれからしようとしているトレードのリスクリワード比率を事前に計算することは非常に大事なことです。
ここを意識せずにトレードをすると、チキン利食いや、損大利小(損失が大きく、利益が小さい)のトレードによって破産する可能性が大きくなってしまいます。
 
裏を返せば、きちんとリスクリワードを意識したトレードを行えば、チキン利食いもせず、目標の利確位置までしっかりポジションを持つことができるようになりますし、損小利大(損失が小さく、利益が大きい)のトレードになります。
 
さて、単純にリスクリワードと言っても、2つの種類がありますので、違いを覚えておきましょう。まず1つ目は、「手法」に対してのリスクリワードです。
手法に対するリスクリワード
自分が考えた手法によって、期待値1以上の優位性のあるポイントまでしっかり待ち、
そのポイントでトレードを繰り返すことによって最終的に利益を出していきます。
そのため、優位性のない手法だと、破産するリスクが常につきまといます。
ここの見極めがすべてと言っても過言ではありません。

「手法」に対してのリスクリワードは後述いたします。

もう一つは、「資金管理」に対してのリスクリワードです。

資金管理に対するリスクリワード
手法とか一切関係なく、資金管理を徹底するだけで、期待値が1を超え、トレード回数をこなすほど最終的に利益になるものです。コイントスの裏表で適当にポジションをとっても必ず利益になります。いわゆる、「聖杯」と呼ばれるものですが、裏技に近いので業者によって改悪され、いずれ使えなくなります。
後者に関しては、GEMのボーナスを利用した複数口座間での資金移動による資金管理方法がまさにそれでした。ですが、実はこの聖杯は7月26日からもう使えなくなります。誰かが公開しちゃったみたいで、GEMが対策に乗り出しました。
私も、Twitterやブログでは一切触れずにコッソリ使っていたので残念です。
他にもこのような聖杯は実はたくさんあるのですが、詳しい内容の公開は控えます。
 
もし、資金管理だけで期待値が1以上になるものを見つけたら積極的に利用しましょう。
 
手法に関しての「聖杯」は絶対に存在しませんが、「資金管理」だけで期待値が1を超えるものは
まさに「聖杯」なのです。
私は、後者に関しては、日ごろからそういう穴がないか、かなり目を凝らして探しています。
 
いちいちラインを引かなくても適当にポジればポジるほど資産が増えるのですから、探さない手はありません。ですが、仮に見つけてもコッソリと使うべきです。
ひとたび誰かに話してしまったら、一瞬で拡散しますし、貴方自身が稼げなくなります。
 
 
スポンサーリンク

手法に対するリスクリワードを意識しよう

さて、今回の記事のメインは、前者の「手法」に対してのリスクリワードになります。
何度もここで書いていることではありますが、やっぱりFXって確率なんですよ。
 
超低レバ運用のパターンを除けば、勝率100%の手法とかまずありえないし、そんな手法を求めても意味ないです。
 
自分のレジサポ手法は大体勝率40~50%の間です。普通に50%切ってます。ただ、リスクリワードは1:3以上なので資金管理さえ間違わなければ絶対に破産することはありません。
絶対にないです。
 
ドローダウンが発生した時は一時的に勝率30%を下回りますが、最終的には必ずプラテンするんです。これまでドローダウンから資金が回復しなかったことは1度もありません。
 
ただし、これはちゃんとルールに沿ってトレードし続けた場合です。
私にとっての絶対的なルールは、もちろん以下しかありません。

レジサポ付近でエントリーする
レジサポを抜けたら損切りする
レジサポで反転して利益が伸びたら、リスクに対して、3倍以上のリワードで利確する

これだけです。
これさえ守っていれば、トレード回数をこなせばこなすほど利益になります。
 
1回の負けとか、本当にどうでもいいですし、気にしても無駄です。
 
この辺のシミュレーションは以下のリンクから検証してみてください。
何回シミュレーションしても絶対に口座が破産しないことがお分かりいただけるはずです。
※変動損益で計算したい方は、本番口座が必要です。
 
https%3A%2F%2Fwww.oanda - リスクリワードを意識したトレードが出来ていますか
FX、CFD用資産シミュレーション | OANDA FX/CFD Lab-education(オアンダ ラボ)
FX、CFDにおける取引開始時の口座資産、想定する損失額や損益比率、勝率等を入力すると、口座資産の変化をシミュレーションすることができます。1回のトレードでどの程度のリスクをとり、どの程度のリターンを狙っていけばよいのか、そしてどの程度の勝率があれば資産が増えていくのかをイメージすることができます。
 
FXは優位性のあるポイントでエントリーして、しっかり資金管理を行うことをとにかく徹底すべきです。
 
どんな手法でも優位性のあるポイントでエントリーして、リスクリワード比率を常に意識したトレードを継続していれば、最終的に利益となって返ってきます。
 
とにかく1つの手法を磨き続けてください。手法をコロコロ変えても仕方ないですし、時間の無駄ですよ。優位性のある手法なら何でもOKです。
 
負けてイラついたり、ルールを破るのは、自分の手法が「勝率100%の聖杯」だと思い込んでいるか自分の手法に優位性があるのかないのか分かっていないのが原因です。

 

手法に関する聖杯は、絶対に存在しないと今、この時点で割り切りましょう。

勝つためには「負けることは当たり前」という感覚でトレードをし続ければ、メンタルが崩壊して無茶苦茶なトレードをすることは確実に減っていきます。
 
この考え方は非常に重要なのでこれからも定期的に書いていきます。
 

以上です。

pv11099850 - リスクリワードを意識したトレードが出来ていますか br c 1532 1 - リスクリワードを意識したトレードが出来ていますか

今後とも応援よろしくお願い致します。

 

 
bgt?aid=210408043478&wid=001&eno=01&mid=s00000008903001087000&mc=1 - リスクリワードを意識したトレードが出来ていますか0 - リスクリワードを意識したトレードが出来ていますか

 

タイトルとURLをコピーしました